補助金・助成金・給付金を探す - みんなの補助金コンシェルジュ

補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。 様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

33件 見つかりました

■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

詳細をみる

■公募期間 2023/8/1〜   ■助成率 ○通常枠 2分の1(補助額5万円~450万円) ※補助下限額を引き下げました。 ○デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) 3分の2~4分の3(補助額最大350万円) ※補助下限額を撤廃しました。 ○デジタル化基盤導入枠(商流一括インボイス対応類型) 
3分の2~2分の1(補助額最大350万円)
 ○デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型) 基盤導入費:4分の3以内       3分の2以内(補助額最大3,000万円)
 事務費・専門家費:3分の2以内(補助額最大200万円) ※補助上限額は、基盤導入経費の合計額 × 10% × 補助率2/3 もしくは200万円のいずれか小さい額 ○セキュリティ対策推進枠 2分の1(補助額5万円~100万円) ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/eea18249-3515-402e-86ae-b1febd1775ae)

詳細をみる

■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31

詳細をみる

●新型コロナウイルス感染症に対応する医療提供体制を整備するため、県からの要請を受け病床を確保する医療機関に対して、病床確保料を補助します。(補助対象病床数=確保病床数+休止病床数ー入院患者数) なお、院内感染発生により空床・休止病床が生じた場合についても病床確保料による支援を行います。 ●令和5年10月1日からの変更点 確保病床によらない形で入院患者の受入れを進めつつ、冬の感染拡大を想定し、対象等を重点化した病床の確保とする。 ・ 確保病床は感染拡大期(ピーク時の1/3以上=253名以上) の場合の設定とする(感染状況に応じて段階1~段階3) ・ 受入れ対象は、重症・中等症Ⅱ等の患者とする 病床確保料の詳細についてはURLのP4をご確認ください。

詳細をみる

○感染症患者(疑い患者を含む)に直接接するまたは長時間にわたり接する作業を行う医療従事者等  交付額:医療従事者等1人あたり日額4,000円 ○感染症患者(疑い患者を含む)に直接接触を伴わず短時間で完結する作業や患者が使用した機器や物品等の消毒など、患者との接触はないが感染の危険性を伴う作業を行う医療従事者等  交付額:医療従事者等1人あたり日額3,000円

詳細をみる

①宿泊費補助   宿泊施設に宿泊した場合  医療従事者1人当たり1泊10,000円を上限 ②借上補助  宿泊施設等を借り上げた場合  宿泊実績に応じて、医療従事者1人当たり1泊10,000円上限

詳細をみる

■外来対応医療機関の新設に伴い必要不可欠な初度設備等に係る経費 ・患者案内のための看板の設置料 ・ホームページ上に外来対応医療機関であることを明記するための改修費 ・換気設備設置のための軽微な改修等の修繕費 ・医療機器(パルスオキシメーター等)の購入費 ・非接触サーモグラフィーカメラ(検温・消毒機能付き等)の購入費 ■外来対応医療機関のコロナ患者に対する医療を提供するために必要な経費 ・HEPAフィルター付空気清浄機:905,000円/施設 ※陰圧可能なものに限る ・HEPAフィルター付パーテーション:205,000円/台 ・個人防護具:3,600円/人 ※国から支援される個人防護具で不足が発生した場合のみ ・簡易ベッド:51,400円/台 ・簡易診療室:実費相当額 ※簡易診療室とは、テントやプレハブなど簡易な構造をもち、緊急的かつ一時的に設置するものであって、新型コロナウイルス感染症患者等に外来診療を行う診療室をいいます。 ■コロナ患者入院受入医療機関のコロナ入院患者に対する医療を提供するために必要な経費 ・新設、増設に伴う初度設備費:133,000円/床 ・人工呼吸器及び付帯する備品:5,000,000円/台 ・個人防護具:3,600円/人 ・簡易陰圧装置:4,320,000円/人 ・簡易ベッド:51,400円/台 ・体外式膜型人工肺及び付帯する備品:21,000,000円/台 ・簡易病室:実費総額 ■コロナ疑い患者を診療する救急医療・小児医療・周産期医療のいずれかを担う医療機関の院内感染を防止するために必要な経費 ・新設、増設に伴う初度設備費:133,000円/床 ・個人防護具:3,600円/人 ・簡易陰圧装置:4,320,000円/床 ・簡易ベッド:51,400円/台 ・簡易診療室及び付帯する備品:実費相当額 ・HEPAフィルター付き空気清浄機:905,000円/施設 ・HEPAフィルター付きパーテーション:205,000円/台 ・疑い患者の診療に要する備品(救急医療機関):300,000円/施設 ・疑い患者に使用する保育器(周産期・小児医療機関):1,500,000円/台

詳細をみる

●内容(令和5年10月1日~令和6年3月31日) 区分: 入院対応 対象:新型コロナウイルス感染症患者の入院を新たに受け入れた医療機関 ※院内感染に伴い、以前から入院していた 患者が新型コロナ感染患者となった場合 は補助対象外(従来からの取扱い) 期間:令和6年3月31まで継続 補助額:日曜・祝日の入院受入れに対し、新規入院患者1人当たり40,000円 区分:転院対応 対象:新型コロナウイルス感染症が回復した患者を転院受け入れした医療機関 ※R5年度から、自院内で受入病床から 受入病床以外に移した場合は対象外 期間:令和5年9月30日で終了 ※10月末を提出期限とした7~9月分の申請受付けをもって終了

詳細をみる

<内容> ○初度設備費   1床当たり 13万3,000円 ○人工呼吸器および付帯する備品  1台当たり 500万円 ○個人防護具  1人当たり 3,600円 ○簡易陰圧装置  1床当たり 432万円 ○簡易ベッド  1床当たり 51,400円 ○体外式膜型人工肺および付帯する備品  1台当たり 2,100万円 ○HEPAフィルター付空気清浄機(陰圧対応可能なものに限る)  1施設当たり 905,000円 ○HEPAフィルター付パーテーション  1台当たり 205,000円 ○簡易病室(※)および付帯する備品  実費相当額 ※簡易病室とは、テントやプレハブなど簡易な構造をもち、緊急的かつ一時的に設置するものであって、新型コロナウイルス感染症患者等に入院医療を提供する病室をいいます。

詳細をみる

■補助上限額 ①新型コロナウイルス感 染症入院患者を受け入れ た病院:1病院当たり10,120千円 ② 新型コロナウイルス感 染症帰国者・接触者外来 を設置した病院:1病院当たり 966千円

詳細をみる

■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額を比較していずれか少ない額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額
 1病院当たり17万9,200円/月 ※ただし、1ヵ月に満たない場合は、日割り計算とする。

詳細をみる

■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額とを比較していずれか少ない額と、総事業費から当該事業に係る寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(算出された額に1,000円未満の端数が生じた場合はこれを切り 捨てた額) ■補助上限額
 1病院当たり600万円

詳細をみる

■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額を比較していずれか少ない額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額
 受講者1人当たり98千円

詳細をみる

■補助率 課程ごとに補助の対象欄の経費と基準額欄の基準額を比較していずれか少ない額を選定し、選定された額と総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額を補助額とする(独立行政法人国立病院機構にあっては、3分の2を乗じた額を補助額とする)

詳細をみる

■補助率 郡市医師会が行う事業に要する経費と当該年度の4月15日現在の生徒数に45,000円を乗じて得た額とを比較していずれか少ない額の3分の1の範囲内で、かつ、市が補助するのに要する経費の2分の1以内

詳細をみる

詳細をみる

■補助率 対象経費の実支出額に3分の2を乗じて得た額と、基準額の合計額に3分の2を乗じて得た額とを比較していずれか少ない額(当該額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとする。)以内

詳細をみる

■補助率 経費の実支出額と基準額とを比較していずれか少ない額と総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額以内 ■補助上限額 1か所当たり1,000千円

詳細をみる

■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額を比較していずれか少ない額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額 1人あたり44万円

詳細をみる

■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額を比較していずれか少ない額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額 1人あたり73万円

詳細をみる