補助金・助成金・給付金を探す - みんなの補助金コンシェルジュ

補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。 様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

67件 見つかりました

■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

詳細をみる

<令和4年12月2日以降に提出された再就職援助計画等の対象者を雇い入れた場合> ●早期雇入れ支援 ・通常助成:支給対象者1人につき30万円 ・優遇助成:生産指標等により一定の成長性が認められる事業所の事業主が、REVIC(株式会社地域経済活性化支援機構)、中小企業再生支援協議会等による事業再生・再構築・転廃業の支援を受けている事業所等から離職した方を雇い入れた場合、支給対象者1人につき40万円
 ・賃金上昇加算:支給対象者が離職前に最後に支払われていた毎月決まって支払われる賃金と、雇入れから最初に到来する賃金支払日以降6か月間すべての賃金支払日に支払われた毎月決まって支払われる賃金とを比較してそれぞれ5%以上上昇させた場合、支給対象者1人につき20万円を加算 ●人材育成支援 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/e7ec9886-68b8-4df7-9474-6dc1ab4345cd)

詳細をみる

■公募期間 2023/4/1~随時受付(予算がなくなり次第終了)   ■助成率 補助事業者が負担した額の3分の2以内 ※プロフェッショナル人材(※)1人につき300万円を上限とし、申請は1事業者あたり、年度内2人までとなります。

詳細をみる

■公募期間 終了時期未定   ■補助率 <成長枠> 1/2(※大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ) 補助上限:最大7,000万円 <グリーン成長枠> 中小企業者等:1/2(大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ)
中堅企業等 :1/3 (大規模な賃上げ達成で 1/2へ引上げ)
 補助上限:最大1.5億円 <卒業促進枠> 中小企業者等 :1/2
中堅企業等 :1/3
 補助上限:成長枠・グリーン成長枠の補助金額上限に準じる <大規模賃金引上促進枠> 中小企業者等: 1/2
中堅企業等: 1/3
 補助上限:3,000万円 <産業構造転換枠> 中小企業者等: 2/3
中堅企業等: 1/2
 補助上限:7,000万円(※廃業を伴う場合には、廃業費を最大 2,000 万円上乗せ) <最低賃金枠> 中小企業者等 :3/4
中堅企業等: 2/3
 補助上限:1,500万円 <物価高騰対策・回復再生応援枠> 中小企業者等 :2/3
中堅企業等 :1/2 補助金額
:従業員数5人以下 100万円 ~ 1,000万円
 従業員数6~20人 100万円 ~ 1,500万円
 従業員数21~50人 100万円 ~ 2,000万円
 従業員51人~ 100万円 ~ 3,000万円

詳細をみる

■補助率・補助上限額・補助期間(回数) <賃借料> 補助率:2分の1 補助上限額:年300万円 補助期間:1年間 <通信料> 補助率:2分の1 補助上限額:年60万円 補助期間:1年間 <改修費(100万円以上の場合に限る)> 補助率:2分の1 補助上限額:150万円 補助回数:1回

詳細をみる

■補助率・補助上限額 <養成施設受講料等 > 養成施設の受講に必要な入学料、受講料(面接授業料、教科書代及び教材費を含む。)及び上記経費の消費税※ 補助率1/2 補助基準額は対象経費の 1/2(1人当たり上限額 10 万円) <代替保育士雇上費 > 補助率10/10 補助基準額は1日当たり7,440 円 ※ 養成施設の長が証明する養成施設に対して支払われたものに限る。ただし、その他の検定試験の受講料、受講に当たって必ずしも必要とされない補助教材費、補講費、養成施設が定める修業年限を超えて修学した場合に必要となる費用、養成施設が実施する各種行事参加に係る費用、学債等将来受講者に対して現金還付が予定されている費用、交通費及びパソコン等の器材費は含まない。

詳細をみる

■補助額 1年目:月額30,000円、2年目および3年目:月額20,000円 (補助期間は3年間) ■申請可能期間 申請時点で雇用している、一週間の所定労働時間(※)が20時間以上の精神障がい者を雇い入れた日の翌日から起算して1年後の日まで (※)所定労働時間・・・始業時刻から終業時刻までの時間から休憩時間を差し引いた労働時間 例:令和5年4月1日に雇用した場合は、令和6年4月1日まで申請が可能

詳細をみる

■補助率 ・特例子会社を設立する場合:3分の1もしくは2分の1(複数の重度障がい者を雇用するとき、または対象が中小企業の場合は2分の1) ・特定組合等を設立する場合:2分の1 ※補助上限額:500万円

詳細をみる

〇設備投資への補助 要件:投資額20億円 補助率:投資額の7%(上限100億円) 〇新規雇用への補助 要件:新規雇用10人 補助額:60万円/人(上限3億円) ※新規雇用が対象となり、新規雇用とは立地促進事業確認日以降に新たに雇用する者、又は県外施設から異動してきた者であって、雇用保険に加入する直接雇用者で、期間の定めなく継続雇用される者(原則兵庫県内に居住していることが条件です。

詳細をみる

■助成額 中小企業:60万円(短時間労働者は40万円) 大企業:50万円(短時間労働者は30万円) また、この助成金の対象労働者を10人以上雇い入れ、1年以上継続して雇用した場合、1事業主につき1回、助成金の上乗せとして60万円(大企業は50万円)の支給を行います。 ※短時間労働者とは、一週間の所定労働時間が、20時間以上30時間未満である方をいいます。雇入れ後、6か月ごとに2回に分けて支給します。

詳細をみる

・被災三県求職者の雇入れ1人当たり120万円(短時間労働者は60万円)を助成。 ・1事業所につき2,000万円(3年)を上限。 ※期間の定めのない雇用等に限る。 ※福島県の被災15市町村の事業所については、1人当たり225万円(短時間労働者は110万円)とする。 ※助成額は3年間の合計とし、1年ごとに支給する。 ※1年ごとの支給額は段階的に減らす仕組みとし、各自治体が独自に設定する。

詳細をみる

■助成率 喫煙室の設置などに係る経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの 3分の2(主たる業種の産業分類が飲食店以外は2分の1) ■助成額 上限100万円

詳細をみる

①ストレスチェックの実 1従業員につき500円を上限に実費を支給 ②ストレスチェックに係る医師による活動 1事業場あたり1回の活動につき21,500円を上限に実費を支給(上限3回)

詳細をみる

### (1)環境整備コース 治療と仕事を両立できる制度(※)の導入等を行った場合、20万円を助成(1企業1回限り) ### (2)制度活用コース 病気を抱える労働者に治療と仕事を両立できる制度(※)の適用等を行った場合、以下のとおり助成。ただし、1企業あたり有期契約労働者1名、雇用期間に定めのない労働者1名の計2名まで。 * 対象労働者が有期契約の場合:20万円 * 対象労働者が雇用期間に定めのない場合:20万円 ※治療と仕事を両立できる制度とは、通院等に配慮した休暇制度、傷病特性に配慮した短時間勤務、身体の負担に配慮した時差出勤制度等を指す。

詳細をみる

支給対象者1人あたり以下の金額が支給されます。ただし、1年度1事業所あたり500人を限度とします。 ■中小企業事業主【45歳以上の対象者】 ・通常:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/2【2/3】 ・特別区分:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×2/3【4/5】 ■中小企業事業主以外【45歳以上の対象者】 ・通常:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/4【1/3】 ・特例区分:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/3【2/5】 ■訓練やグループワークの実施を委託した場合 <訓練> 訓練実施に係る費用×2/3を加算(上限30万円) <グループワーク> 3回以上で1万円を加算 ※次のいずれにも該当する場合、特例区分の対象となります。 ア 申請事業主が、労働者の再就職支援の実施について委託する職業紹介事業者との委託契約において次のいずれにも該当する契約を締結していること。 a 職業紹介事業者に支払う委託料について、委託開始時の支払額が委託料の2分の1未満であること。 b 職業紹介事業者が支給対象者に対して訓練を実施した場合に、その経費の全部又は一部を負担するものであること。 c 委託に係る労働者の再就職が実現した場合の条件として、当該労働者が雇用形態が期間の定めのないもの(パートタイムを除く)であり、かつ、再就職先での賃金が離職時の賃金の8割以上である場合委託料について5%以上を多く支払うこと。 イ 支給対象者の再就職先における雇用形態が、期間の定めのない雇用(パートタイム労働者を除く。)であり、かつ、再就職先での賃金が離職時の賃金の8割以上であること。

詳細をみる

詳細をみる

■ 助成率 休業手当または賃金相当額の2分の1(中小企業の場合は3分の2) ※1.教育訓練は上記に加えて、訓練費として1人1日当たり1,200円加算 ※2.支給限度日数は1年間で100日、3年間で150日 ※3.受給額は、1人1日当たり雇用保険基本手当日額の最高額を限度とします(訓練費は限度額に含まず)。

詳細をみる

■支給額(1人あたり) ・短時間労働者以外の者 ①高齢者(60歳以上)、母子家庭の母:60万円(50万円) ②重度障害者等を除く身体・知的障害者:120万円(50万円) ③重度障害者等:240万円(100万円) ・短時間労働者 ①高齢者(60歳以上)、母子家庭の母:40万円(30万円) ②重度障害者等を含む身体・知的・精神障害者:80万円(30万円) ※( )内は中小企業事業主以外に対する支給額および助成対象期間です。

詳細をみる

■受給額 ①中小企業事業主の場合は、1回目の支給において下記の支給額の1.5倍が支給されます。 ②中小企業事業主の場合であって、かつ創業と認められる場合は、1回目の支給において下記の支給額の2倍が支給されます。 〇設置・整備費用が300万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:50万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:80万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:150万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:300万円 〇設置・整備費用が1,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:60万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:100万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:200万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:400万円 〇設置・整備費用が3,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:90万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:150万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:300万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:600万円 〇設置・整備費用が5,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:120万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:200万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:400万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:800万円

詳細をみる

■支給額(1人あたり) 〇短期間労働者以外の者 ・中小企業:120万円 ・中小企業以外:50万円 〇短期間労働者 ・中小企業:80万円 ・中小企業以外:30万円

詳細をみる