補助金・助成金・給付金を探す - みんなの補助金コンシェルジュ

補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。 様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

37件 見つかりました

■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

詳細をみる

■公募期間 2023/8/1〜   ■助成率 ○通常枠 2分の1(補助額5万円~450万円) ※補助下限額を引き下げました。 ○デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型) 3分の2~4分の3(補助額最大350万円) ※補助下限額を撤廃しました。 ○デジタル化基盤導入枠(商流一括インボイス対応類型) 
3分の2~2分の1(補助額最大350万円)
 ○デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型) 基盤導入費:4分の3以内       3分の2以内(補助額最大3,000万円)
 事務費・専門家費:3分の2以内(補助額最大200万円) ※補助上限額は、基盤導入経費の合計額 × 10% × 補助率2/3 もしくは200万円のいずれか小さい額 ○セキュリティ対策推進枠 2分の1(補助額5万円~100万円) ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/eea18249-3515-402e-86ae-b1febd1775ae)

詳細をみる

■公募期間 終了時期未定   ■補助率 <成長枠> 1/2(※大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ) 補助上限:最大7,000万円 <グリーン成長枠> 中小企業者等:1/2(大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ)
中堅企業等 :1/3 (大規模な賃上げ達成で 1/2へ引上げ)
 補助上限:最大1.5億円 <卒業促進枠> 中小企業者等 :1/2
中堅企業等 :1/3
 補助上限:成長枠・グリーン成長枠の補助金額上限に準じる <大規模賃金引上促進枠> 中小企業者等: 1/2
中堅企業等: 1/3
 補助上限:3,000万円 <産業構造転換枠> 中小企業者等: 2/3
中堅企業等: 1/2
 補助上限:7,000万円(※廃業を伴う場合には、廃業費を最大 2,000 万円上乗せ) <最低賃金枠> 中小企業者等 :3/4
中堅企業等: 2/3
 補助上限:1,500万円 <物価高騰対策・回復再生応援枠> 中小企業者等 :2/3
中堅企業等 :1/2 補助金額
:従業員数5人以下 100万円 ~ 1,000万円
 従業員数6~20人 100万円 ~ 1,500万円
 従業員数21~50人 100万円 ~ 2,000万円
 従業員51人~ 100万円 ~ 3,000万円

詳細をみる

■公募期間 2023/4/1〜2023/12/28   ■助成率 1/2 <補助上限額> ・大規模支援 1,000万円 ・小規模支援  150万円

詳細をみる

<公共施設の木質化> ・対象経費:内外装等の県産材による木質化にかかる経費 ・補助要件:床、壁、天井、外壁の木質化で、使用部材厚が12mm以上であること ・補助金額:学校法人・社会福祉法人等:6,000円/㎡(県3,000円/㎡、市町村3,000円/㎡) ※上限額(県)300万円 <外構施設の木造化> ・対象経費:外構施設の県産材による木造化にかかる経費 ・補助要件:2㎥以上の木材使用量があること ・補助金額:学校法人・社会福祉法人等:2分の1(県4分の1、市町村4分の1) ※上限額(県)100万円

詳細をみる

■補助率・補助上限額・補助期間(回数) <賃借料> 補助率:2分の1 補助上限額:年300万円 補助期間:1年間 <通信料> 補助率:2分の1 補助上限額:年60万円 補助期間:1年間 <改修費(100万円以上の場合に限る)> 補助率:2分の1 補助上限額:150万円 補助回数:1回

詳細をみる

■補助率 建物建設費、機械設備購入費に対して原則7%、最大7億円助成 成長分野は10%以内、最大10億円

詳細をみる

■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31   ■補助率 【用地取得費】 ふじのくにフロンティア区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:40% 上限4億円 ・製造業(その他)、物流施設:30% 上限3億円 通常区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:30% 上限3億円 ・製造業(その他)、物流施設:20% 上限2億円 【新規雇用従業員】 最大100万円/人

詳細をみる

![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/ca7d662b-fd66-497a-8c22-07020978abd1)

詳細をみる

■補助率 土地:不動産取得税課税標準額の3% 建物:不動産取得税課税標準額の4% 発電等設備:土地、建物、発電等設備に係る投下固定資産額の合計額のうち30億円を超えた額に係る発電等設備相当分の5%(ただし、別に国庫補助の適用がある場合には当該国庫補助額を補助額より控除) ■補助上限額 5億円

詳細をみる

■補助率 <サプライチェーン分散> 生産拠点の集中度が高い製品・部素材の供給途絶リスク解消のための生産拠点整備事業 大企業:1/4、中小企業:1/6、中小企業グループ:1/8 <医療機器等生産> 一時的な需要増によって需給がひっ迫するおそれのある製品・部素材のうち、国民が健康な生活を営む上で重要なものの生産拠点等の整備事業 大企業:1/6、中小企業:1/8 ■補助上限額 2億円

詳細をみる

■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31   ■助成率 賃借料の2/3以内(上限300万円/年) ■補助期間 3年間

詳細をみる

【内 容】 鉄道利用者の安全確保等のため、転落防止効果の高いホームドアの設置費用に対して補助を行う。       〇補助対象駅:原則、県内の1日当たりの平均利用者数が10万人以上の鉄道駅

詳細をみる

■補助金額 投資額の3%(大企業)、6%(中小企業)、上限5億円

詳細をみる

■補助期間 6か月間(操業開始時点から起算) ■補助金額 賃料(消費税、敷金、礼金は除く)月額の3分の1、上限600万円

詳細をみる

〇設備投資への補助 要件:投資額20億円 補助率:投資額の7%(上限100億円) 〇新規雇用への補助 要件:新規雇用10人 補助額:60万円/人(上限3億円) ※新規雇用が対象となり、新規雇用とは立地促進事業確認日以降に新たに雇用する者、又は県外施設から異動してきた者であって、雇用保険に加入する直接雇用者で、期間の定めなく継続雇用される者(原則兵庫県内に居住していることが条件です。

詳細をみる

■助成率 喫煙室の設置などに係る経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの 3分の2(主たる業種の産業分類が飲食店以外は2分の1) ■助成額 上限100万円

詳細をみる

■受給額 ①中小企業事業主の場合は、1回目の支給において下記の支給額の1.5倍が支給されます。 ②中小企業事業主の場合であって、かつ創業と認められる場合は、1回目の支給において下記の支給額の2倍が支給されます。 〇設置・整備費用が300万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:50万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:80万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:150万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:300万円 〇設置・整備費用が1,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:60万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:100万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:200万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:400万円 〇設置・整備費用が3,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:90万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:150万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:300万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:600万円 〇設置・整備費用が5,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:120万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:200万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:400万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:800万円

詳細をみる

■公募期間 2023/5/10〜2024/1/24 ■助成率 補助対象の安全装置1機当たり、金額の1/2 上限額 ・積載形トラッククレーン:安全装置1機当たり100万円 ・油圧ショベル、ホイールローダー:  ①安全装置が自動減速・停止機能を伴うもの→安全装置1機当たり100万円  ②安全装置が監視・警告機能を伴うもの(複数カメラ)→安全装置1機当たり50万円 ※同一申請者からの申請上限は年度内500万円

詳細をみる

■公募期間 令和5年4月1日 から随時受付 ■助成率 一般枠:対象経費の合計額の15%以内の額(上限額:400万円) 特別枠:対象経費の合計額の25%以内の額(上限額:600万円)

詳細をみる