補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

24 件見つかりました

  • ■支給額 1.施設または設備の設置・整備または更新 [1]障害者職業能力開発訓練事業を行う訓練科目ごとの施設または設備の設置・整備または更新に要した費用に3/4を乗じた額が助成されます。 [2]初めて助成金の対象となる訓練科目ごとの施設または設備の設置・整備の場合は5,000万円を上限とします。 [3]訓練科目ごとの施設または設備の更新の場合については、1,000万円を上限(複数回支給を受ける場合も事業主等ごとの累積の上限となる額)とします。 2.運営費  次の[1]または[2]および[3]により算出した額が助成されます。 [1]重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者および就職が特に困難であるとハローワーク所長が認める障害者(以下「重度障害者等」という。)を対象とする障害者職業能力開発訓練。  【1】1人あたりの運営費に4/5を乗じた額(上限額 月額17万円)に重度障害者等である訓練対象障害者のうち、支給対象期における訓練時間の8割以上を受講した者の人数を乗じた額。  【2】支給対象期における訓練時間の8割以上を受講しなかった者については、1人当たりの運営費に4/5を乗じた額(上限額 月額17万円)に、支給対象期における訓練時間数を分母に、当該者の訓練受講時間数を分子にして得た率を乗じた額。 [2][1]以外の障害者を対象とする障害者職業能力開発訓練  【1】1人あたりの運営費に3/4を乗じた額(上限額 月額16万円)に重度障害者等以外の訓練対象障害者のうち、支給対象期における訓練時間の8割以上を受講した者の人数を乗じた額。  【2】支給対象期における訓練時間の8割以上を受講しなかった者については、1人当たりの運営費に3/4を乗じた額(上限額 月額16万円)に、支給対象期における訓練時間数を分母に、当該者の訓練受講時間数を分子にして得た率を乗じた額。 [3]重度障害者等が就職した場合には、就職者1人当たりに10万円を乗じた額  【1】対象となる就職者   次のア及びイに該当する者  ア 訓練修了日または就職のための中退の日の翌日から起算して90日以内(以下「対象期間内」という。)に雇用保険の被保険者(日雇労働被保険者は除く。)として内定を受けた者もしくは雇用された者または雇用保険適用事業主となった者  イ 障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律における障害福祉サービス(就労継続支援事業A型等)の利用者として雇用される者でないこと

    詳細をみる
  • ■支給対象労働者 ①重度身体障害者、重度知的障害者および精神障害者 ②重度以外の身体障害者、重度以外の知的障害者、発達障害者、難病患者、高次脳機能障害と診断された者 支給対象者1人あたり、最大120万円を支給します。

    詳細をみる
  • ■支給対象経費 計画期間内に、事業主から外部の機関又は専門家等(以下「外部機関等」という)に対して支払いが完了した以下の経費を対象とします。 ①通訳費(外部機関等に委託をするものに限る) ②翻訳機器導入費(事業主が購入した雇用労務責任者と外国人労働者の面談に必要な翻訳機器の導入に限り、10万円を上限とする) ③翻訳料(外部機関等に委託をするものに限り、社内マニュアル・標識類等を多言語で整備するのに要する経費を含む) ④弁護士、社会保険労務士等への委託料(外国人労働者の就労環境整備措置に要する委託料に限り、顧問料等は含まない) ⑤社内標識類の設置・改修費(外部機関等に委託をする多言語の標識類に限る)

    詳細をみる
  • 【助成金額】 (中小建設事業主団体) 支給対象経費の2/3 (中小建設事業主団体以外の建設事業主団体) 支給対象経費の1/2

    詳細をみる
  • * 補助率:2分の1 * 補助限度額:1,125万円(1平方メートル当たり15万円まで)

    詳細をみる
  • ■助成額 中小企業:280万円/人 ※3 (140万円×2期 ※4) 中小企業以外:200万円/人 ※3 (100万円×2期 ※4) ※3 一事業主あたり5人までの支給に限ります。 ※4 雇入れから6か月を支給対象期の第1期、次の6か月を第2期として、6か月ごとに2回に分けて支給します。

    詳細をみる
  • ■補助対象となる業種 (ア)ソフトウェア業、情報処理サービス業、情報提供サービス業の事業所、ソリューションセンター (イ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する研究開発施設 (ウ)サプライチェーン対策事業を行う製造業の工場   ・海外生産から県内工場での生産に切替え   ・輸入していた部品等を県内生産に切替え   ・海外から調達を国内に切替える他企業からの依頼により県内で生産 (エ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する事業、航空宇宙産業(民需に限る)、新エネルギー関連産業、食料品関連産業、医薬品関連産業、医療・福祉機器関連産業及び知事が特に認めるものの製品製造を行う工場 (オ)製造業(上記の業種を除く)の工場 (カ)上記(オ)のうち、中小企業の場合  ※ 中小企業基本法第二条に規定されている中小企業者をいいます。 (キ)植物工場の設置  ※植物の生育環境(光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等)を制御して栽培を行う施設園芸のうち、環境及び生育のモニタリングを基礎として、高度な環境制御を行うことにより、野菜等の植物の周年・計画生産が可能な栽培施設をいいます。 (ク)半導体関連産業の工場 (ケ)データセンターの設置 (コ)物流施設 ■補助対象要件 企業の事業所設置に当たり、次の要件をすべて満たすことが必要です。 (1)初期投下固定資産額(土地・建物・償却資産) 5千万円以上(ア) 1億円以上(イ) 3億円以上(ウ、エ、ク、ケ、オとカは過疎地域及び県営工業団地の場合に限る) 5億円以上(カ) 10億円以上(オ、キ、コ) (2)新規地元常用雇用者(正社員で県内に住所を有する者、又は事業所新設に伴い県外から転入する者) 5人以上(ア、イ、ケ、ウとエとカとクは県内に同じ対象施設がある場合に限る) 10人以上(ウ、エ、オ、カ、キ、ク、コ) (3)建物着工90日前に指定申請書を提出していること   (4)事業所を設置する市町村の優遇策の適用を受けていること (5)岐阜県から他の補助金など税財政優遇策の適用を受けていないこと (6)岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業の登録を受けていること (7)同一敷地内で本補助金の交付を受けていないこと

    詳細をみる
  • **Aタイプ・Bタイプ** 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用 (新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内  【上限】 10億円 **Cタイプ** 【対象経費】 オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費、IT 技術者への雇用加算 【補助率】 ・オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費 1/2以内 ・IT 技術者への雇用加算 50万円/人 【対象期間】 最大3年間(オフィス移転・改修費、雇用加算は初年度のみ) 【上限】 初年度:1,000万円 2,3年目:350万円

    詳細をみる
  • 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用(新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内(既設工場での設備投資は5%以内) ・研究所は、新増設 : 20%以内(既設 : 10%以内) ・300億円超の投資案件の場合は、300億円を超える金額の5%を10億円に追加 【上限】 100億円(投資額300億円以下の場合 : 10億円)

    詳細をみる
  • この助成金は、作業施設等の設置または整備の方法により次の2種類の助成金があります。 第1種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を建築等や購入により行う場合の助成金 第2種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を賃借により行う場合の助成金 ■助成率 第1種:3分の2 ※支給限度額 ・支給対象障害者1人につき 450 万円 ・作業設備については支給対象障害者1人につき 150 万円 中途障害者に係る職場復帰のための設備の設置または整備にあっては、450 万円を超えない範囲で機構が定める額 ・短時間労働者(重度身体障害者、重度知的障害者または精神障害者を除く。)である場合の限度額は1人につき上記の半額 ・同一事業所あたり同一年度について 4,500 万円を限度とする ○第2種:3分の2 ※支給限度額 ・支給対象障害者1人につき月 13 万円 ・作業設備については支給対象障害者1人につき月5万円 (中途障害者に係る職場復帰のための設備の賃借による設置にあっては、13 万円を超えない範囲で機構が定める額) ・短時間労働者(重度身体障害者、重度知的障害者または精神障害者を除く。)である場合の限度額は1人につき上記の半額

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31   ■助成率 賃借料の2/3以内(上限300万円/年) ■補助期間 3年間

    詳細をみる
  • ■対象事業 ・有形文化財の管理、修理、防災又は公開の事業 ・無形文化財の記録の作成、伝承者の養成、保存又は公開の事業 ・有形民俗文化財の管理、修理、防災又は公開の事業 ・無形民俗文化財の記録の作成、伝承者の養成、保存又は公開の事業 ・史跡、名勝、天然記念物の管理、修理の事業 ■補助率 補助対象経費の3分の1以内 ※県指定文化財等に係る事業において、申請者が希望する場合、申請者の財政規模や補助対象経費に応じて、補助率の加算を行うことがあります。

    詳細をみる
  • ■補助率 賃借料の2/3以内 ■補助上限額 500万円/年 ■補助期間 3年間

    詳細をみる
  • ■補助率 建物:不動産取得税課税標準額の4% ※国のグリーン成長戦略の14分野のうち、カーボンニュートラルの実現に資する投資を行う企業は、不動産取得税課税標準額の5% 生産設備:土地、建物、生産設備に係る投下固定資産額(*7)の合計額のうち30億円を超えた額に係る生産設備相当分の5% 大規模生産設備投資:生産設備に係る投下固定資産額(*7)の合計額が30億円を超えた場合にその超えた額の5% 【フードバレー特認】食品関連企業の場合、生産設備に係る投下固定資産額の5%(下限額なし) ■補助上限額 30億円(大規模生産設備投資の場合は1億円)

    詳細をみる
  • ■補助率 車両本体価格等の補助対象経費の6分の1以内、国の補助する額の2分の1以内 ■補助上限額 1台あたり30万円

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/12/26(火)まで ■補助率 地域材を使用した民間施設の木造化・木質化に直接必要な経費(主に木工事)の2分の1以内 ■補助金上限 1,000万円/施設

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31   ■補助率 【用地取得費】 ふじのくにフロンティア区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:40% 上限4億円 ・製造業(その他)、物流施設:30% 上限3億円 通常区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:30% 上限3億円 ・製造業(その他)、物流施設:20% 上限2億円 【新規雇用従業員】 最大100万円/人

    詳細をみる
  • ■補助率 建物建設費、機械設備購入費に対して原則7%、最大7億円助成 成長分野は10%以内、最大10億円

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1〜2024/2/22 ■補助金額 静岡県産木材製品の使用量に応じて補助 【木造施設の新築・増改築】 ・しずおか優良木材等の使用量が10㎡以上:15,000円/㎥×使用量㎥ (上限30万円) 【施設の木質化】 ○仕上材にしずおか優良木材等の使用量が20㎡以上:3,500円/㎡×使用面積㎡(上限14万円)

    詳細をみる
  • ■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

    詳細をみる