補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

36 件見つかりました

  • 以下の取組の実施に要した費用が支給対象となります。 ※詳細は支給要領0303の記載内容を確認してください。 ①就業規則・労働協約・労使協定の作成・変更 ②外部専門家によるコンサルティング ③テレワーク用通信機器等の導入・運用 ④労務管理担当者に対する研修 ⑤労働者に対する研修

    詳細をみる
  • ■支給対象経費 計画期間内に、事業主から外部の機関又は専門家等(以下「外部機関等」という)に対して支払いが完了した以下の経費を対象とします。 ①通訳費(外部機関等に委託をするものに限る) ②翻訳機器導入費(事業主が購入した雇用労務責任者と外国人労働者の面談に必要な翻訳機器の導入に限り、10万円を上限とする) ③翻訳料(外部機関等に委託をするものに限り、社内マニュアル・標識類等を多言語で整備するのに要する経費を含む) ④弁護士、社会保険労務士等への委託料(外国人労働者の就労環境整備措置に要する委託料に限り、顧問料等は含まない) ⑤社内標識類の設置・改修費(外部機関等に委託をする多言語の標識類に限る)

    詳細をみる
  • ①被災三県に所在する作業員宿舎、作業員施設、賃貸住宅を賃借した中小建設事業主 ②自ら施工管理する建設工事現場に女性専用作業員施設を賃借した中小元方建設事業主 ③認定訓練の実施に必要な施設や設備の設置又は整備を行った広域的職業訓練を実施する職業訓練法人 に対して助成します。 【助成金額】 ①の場合:支給対象経費の2/3 ②の場合:支給対象経費の3/5<3/4> ③の場合:支給対象経費の1/2 (注)<>賃金要件が認められる場合の額

    詳細をみる
  • 受給するためには、介護事業主が、次の措置を実施することが必要です。 【目標達成助成】      (1) 導入・運用計画の認定 介護労働者の労働環境向上のための介護福祉機器の導入・運用計画を作成し、管轄の労働局長の認定を受けること。 (2)介護福祉機器の導入等 (1)の導入を実施し、適切な運用を行うこと。 (3)(1)、(2)の実施の結果、導入・運用計画期間の終了から1年経過するまでの期間の離職率を、導入・運用計画を提出する前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値(※)以上に低下させること(ただし、離職率は30%を上限とします。)。     ※低下させる離職率の目標値は対象事業所における雇用保険一般被保険者数に応じて変わります。

    詳細をみる
  • ■公募期間 令和5年4月1日 から随時受付 ■助成率 一般枠:対象経費の合計額の15%以内の額(上限額:400万円) 特別枠:対象経費の合計額の25%以内の額(上限額:600万円)

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/5/10〜2024/1/24 ■助成率 補助対象の安全装置1機当たり、金額の1/2 上限額 ・積載形トラッククレーン:安全装置1機当たり100万円 ・油圧ショベル、ホイールローダー:  ①安全装置が自動減速・停止機能を伴うもの→安全装置1機当たり100万円  ②安全装置が監視・警告機能を伴うもの(複数カメラ)→安全装置1機当たり50万円 ※同一申請者からの申請上限は年度内500万円

    詳細をみる
  • 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用(新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内(既設工場での設備投資は5%以内) ・研究所は、新増設 : 20%以内(既設 : 10%以内) ・300億円超の投資案件の場合は、300億円を超える金額の5%を10億円に追加 【上限】 100億円(投資額300億円以下の場合 : 10億円)

    詳細をみる
  • **Aタイプ・Bタイプ** 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用 (新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内  【上限】 10億円 **Cタイプ** 【対象経費】 オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費、IT 技術者への雇用加算 【補助率】 ・オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費 1/2以内 ・IT 技術者への雇用加算 50万円/人 【対象期間】 最大3年間(オフィス移転・改修費、雇用加算は初年度のみ) 【上限】 初年度:1,000万円 2,3年目:350万円

    詳細をみる
  • **①EVトラック・バス、HVトラックバス導入支援事業** EVトラック・バスや、一定の燃費性能を満たすHVトラック・バスの購入に対して、標準的な車両との差額分を支援するとともに、セットで充電インフラ整備への補助を行う。 **②天然ガストラック導入支援事業** 将来カーボンニュートラルな燃料への代替が期待される長距離配送用天然ガストラックに対して、標準的な車両との差額分を支援する。 **③EVトラック・バスにおける性能評価実証事業** ユースケース分析結果を踏まえ、EVトラックおよびバスにおける性能評価実証事業を実施、電動車両市場拡大を図る。 補助対象の充電設備:事業者の敷地等に設置された、普通・急速充電設備 補助額:標準的燃費水準車両との差額の2分の1(HV・PHV・NGV)または3分の2(EV)     電気自動車用充電設備の導入費用の2分の1 ■申請受付期間 令和5年6月20日(火)~ 令和6年1月31日(水)

    詳細をみる
  • 本補助事業における主なポイントは以下の通りです。 ・補助事業(補助率 2/3)として実施する。 ・間接経費の上限を30%とする。 ・補助事業により取得した財産は補助事業者に帰属する。 ・共同体に必須となる医療機器製造販売業は補助期間中の業許可取得でも可とするが、市場置き換えを狙うクラスⅢ、Ⅳの医療機器を開発する場合は、初年度目の中間評価(令和5年12月頃)までに代表機関が取得すること。市場置き換えを狙うクラスⅡの医療機器を開発する場合は、2年度目の中間評価(令和6年12月頃)までに取得すること。また、提案書にその計画を記載すること。 ・応募時に製品開発ステージにあり、事業終了時には「許認可申請の目処」がついていること。具体的には、治験が必要な製品開発では、事業終了時に少なくとも(国際共同治験を含む)治験届がPMDAに受理されていること。治験が不要な製品開発では、事業終了時に少なくともPMDAと合意した非臨床試験が充足していること。認証品の製品開発では、事業終了時に認証機関と申請内容についての合意ができ、認証の準備が完了していること。 ■公募期間 令和4年12月26日(月) ~ 令和5年1月26日(木) 正午【厳守】 ※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。

    詳細をみる
  • ・補助対象の安全装置1機当たり、金額の1/2を補助します。 ・申請する建設機械の種類によって、上限額が異なります。 ・同一申請者からの申請上限は年度内500万円です。 ■積載形トラッククレーンの場合 補助額の上限は、安全装置1機当たり100万円です。 ■油圧ショベル、ホイールローダーの場合 ①安全装置が自動減速・停止機能を伴うもの 補助額の上限は、安全装置1機当たり100万円です。 ②安全装置が監視・警告機能を伴うもの(複数カメラ) 補助額の上限は、安全装置1機当たり50万円です。

    詳細をみる
  • 補助率:初期投下固定資産額の10分の1以内 補助金上限額:10億円 ※大規模工場とは、工場の敷地面積が5ha以上かつ延床面積4ha以上の工場をいいます。 ※補助金額が1億円を超えた場合、複数年度に分割して交付します。

    詳細をみる
  • ■補助率 初期投下固定資産取得費(土地・建物・償却資産)の10分の1以内等 ■補助対象施設 ①調査及び企画部門、情報処理部門、研究開発部門、国際事業部門、情報サービス事業部門、その他管理業務部門の事務所②研究所又は研修所

    詳細をみる
  • ■補助対象となる業種 (ア)ソフトウェア業、情報処理サービス業、情報提供サービス業の事業所、ソリューションセンター (イ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する研究開発施設 (ウ)サプライチェーン対策事業を行う製造業の工場   ・海外生産から県内工場での生産に切替え   ・輸入していた部品等を県内生産に切替え   ・海外から調達を国内に切替える他企業からの依頼により県内で生産 (エ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する事業、航空宇宙産業(民需に限る)、新エネルギー関連産業、食料品関連産業、医薬品関連産業、医療・福祉機器関連産業及び知事が特に認めるものの製品製造を行う工場 (オ)製造業(上記の業種を除く)の工場 (カ)上記(オ)のうち、中小企業の場合  ※ 中小企業基本法第二条に規定されている中小企業者をいいます。 (キ)植物工場の設置  ※植物の生育環境(光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等)を制御して栽培を行う施設園芸のうち、環境及び生育のモニタリングを基礎として、高度な環境制御を行うことにより、野菜等の植物の周年・計画生産が可能な栽培施設をいいます。 (ク)半導体関連産業の工場 (ケ)データセンターの設置 (コ)物流施設 ■補助対象要件 企業の事業所設置に当たり、次の要件をすべて満たすことが必要です。 (1)初期投下固定資産額(土地・建物・償却資産) 5千万円以上(ア) 1億円以上(イ) 3億円以上(ウ、エ、ク、ケ、オとカは過疎地域及び県営工業団地の場合に限る) 5億円以上(カ) 10億円以上(オ、キ、コ) (2)新規地元常用雇用者(正社員で県内に住所を有する者、又は事業所新設に伴い県外から転入する者) 5人以上(ア、イ、ケ、ウとエとカとクは県内に同じ対象施設がある場合に限る) 10人以上(ウ、エ、オ、カ、キ、ク、コ) (3)建物着工90日前に指定申請書を提出していること   (4)事業所を設置する市町村の優遇策の適用を受けていること (5)岐阜県から他の補助金など税財政優遇策の適用を受けていないこと (6)岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業の登録を受けていること (7)同一敷地内で本補助金の交付を受けていないこと

    詳細をみる
  • 《投資に対する助成》 ・1回目:投下固定資産額の10% ※投下固定資産額が10億円を超える部分に対する助成率は5%となります。 ・2回目以降:投下固定資産額の5% ※既に助成金の交付を受けている事業所内で、同じ事業を行う工場を増設する場合は、2回目以降の助成率が適用されます。ただし、新たに異分野の事業を行う工場、エネルギー関連産業の工場、サプライチェーン対策に資する工場については、1回目の助成率が適用されます。 ※1 助成対象となる投下固定資産は、工事着手後であって、業務開始の日前3年以後に取得したものになります。(県有地については、設置に係る工事着手の日前3年以後に取得したものになります。) ※2 助成対象となる投下固定資産には、工場等と同一敷地内の「福利厚生施設」、「託児施設」を含みます。 《雇用に対する助成》 ・11人目以降の新規常用雇用者数×50万円 ・51人目以降の新規常用雇用者数×100万円

    詳細をみる
  • * 補助率:2分の1 * 補助限度額:1,125万円(1平方メートル当たり15万円まで)

    詳細をみる
  • 補助率及び補助限度額は、下図のとおりとします。 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/9e39a8b9-a42c-4c49-af64-08d643831b2f) ※ 別途、経費区分ごとに上限額があります。詳細は下記のリンクから交付要綱及び募集要項をご覧ください。 * [みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業](https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/shibafu/index.html)

    詳細をみる
  • 【認定を受けた企業に対する支援】 「長崎県情報産業連携体組成促進補助金」制度により支援します。 ・対象事業:認定された「長崎県情報産業連携体組成事業計画」に基づき実施する事業 ・対象経費:認定された事業に要する経費(労務費、物品費、外注費、その他経費) ・補助率:2分の1または3分の2 ・補助限度額:500万円または1,000万円

    詳細をみる
  • ■受給額 ①中小企業事業主の場合は、1回目の支給において下記の支給額の1.5倍が支給されます。 ②中小企業事業主の場合であって、かつ創業と認められる場合は、1回目の支給において下記の支給額の2倍が支給されます。 〇設置・整備費用が300万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:50万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:80万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:150万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:300万円 〇設置・整備費用が1,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:60万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:100万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:200万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:400万円 〇設置・整備費用が3,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:90万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:150万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:300万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:600万円 〇設置・整備費用が5,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:120万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:200万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:400万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:800万円

    詳細をみる
  • ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/ca7d662b-fd66-497a-8c22-07020978abd1)

    詳細をみる