補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

15 件見つかりました

  • ■助成率 
3/4 ■支給限度額 委嘱1回当たり6千円 ①支給対象障害者数が9人以下の場合:28 万8千円 ②支給対象障害者数が 10 人以上の場合 :1の額に、支給対象障害者数 10 人ごとに 28 万8千円を加算した額

    詳細をみる
  • ■基本要件 ➤OFF-JTにより実施される訓練であること ➤実訓練時間数が10時間以上※であること ➤次の①または②のいずれかに当てはまる訓練であることただし、①の事業展開については、訓練開始日(定額制サービスによる訓練の場合は契約期間の初日)から起算して、3年以内に実施される予定のもの又は6か月以内に実施したものであるものに限る。 ①事業展開を行うにあたり、新たな分野で必要となる専門的な知識及び技能の習得をさせるための訓練 ②事業展開は行わないが、事業主において企業内のデジタル・デジタルトランスフォーメーション(DX)化やグリーン・カーボンニュートラル化を進める場合にこれに関連する業務に従事させる上で必要となる専門的な知識及び技能の習得をさせるための訓練 ※ eラーニングによる訓練等及び通信制による訓練等については、標準学習時間が10時間以上または標準学習期間が1か月以上であること。 ※ 定額制サービスによる訓練の場合は、各支給対象労働者の受講時間(標準学習時間)の合計時間数が、支給申請時において10時間以上であること。なお、この10時間は、実際の動画の視聴等の時間ではなく、標準学習時間によりカウントします。 ■対象経費 ・部外の講師への謝金、手当 ・部外の講師の旅費 ・施設・設備の借上費 ・学科や実技の訓練等を行う場合に必要な教科書、教材の購入費 ・訓練コースの開発費 ■助成額・助成率(中小企業の場合) 経費助成:75% 賃金助成(1人1時間あたり):960円 ■支給限度額 1人あたり20~50万円 ※企業規模、訓練時間数により異なります。 ■支給制限 ・助成対象となる訓練等の受講回数の上限は、1労働者につき1年度で、3回までです。 ・1事業所が1年度に受給できる助成額は、1億円

    詳細をみる
  • ■人材育成支援コースとは 職務に関連した知識・技能を習得させるための訓練を計画に沿って実施した場合に、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等を助成します。 ■訓練について ①人材育成訓練⇒職務に関連した知識・技能を習得させるための10時間以上の訓練 ②認定実習併用職業訓練⇒厚生労働大臣の認定を受けた実習併用職業訓練 ③有期実習型訓練⇒有期契約労働者等に対し、正規雇用労働者等に転換するための訓練 ■対象経費 事業主がOFF-JTを実施した場合に支給対象となる経費は、下記の通りです。 ●事業内訓練 ・部外の講師への謝金・手当 ・部外の講師の旅費 ・施設・設備の借上費 ・学科や実技の訓練等を行う場合に必要な教科書・教材の購入費 ・訓練コースの開発費 ●事業外訓練 ・受講に際して必要となる入学料・受講料・教科書代等、あらかじめ受講案内等で定めているもの ■対象賃金 訓練期間中の所定労働時間内の賃金について、賃金助成の対象となります。 ■経費助成限度額 1名あたり10~50万円(訓練時間数、企業規模に応じて異なります。) ※1事業所または1事業主団体等が1年度に受給できる助成額は、1,000万円が限度額となります。

    詳細をみる
  • 以下の取組の実施に要した費用が支給対象となります。 ※詳細は支給要領0303の記載内容を確認してください。 ①就業規則・労働協約・労使協定の作成・変更 ②外部専門家によるコンサルティング ③テレワーク用通信機器等の導入・運用 ④労務管理担当者に対する研修 ⑤労働者に対する研修

    詳細をみる
  • ■支給対象経費 計画期間内に、事業主から外部の機関又は専門家等(以下「外部機関等」という)に対して支払いが完了した以下の経費を対象とします。 ①通訳費(外部機関等に委託をするものに限る) ②翻訳機器導入費(事業主が購入した雇用労務責任者と外国人労働者の面談に必要な翻訳機器の導入に限り、10万円を上限とする) ③翻訳料(外部機関等に委託をするものに限り、社内マニュアル・標識類等を多言語で整備するのに要する経費を含む) ④弁護士、社会保険労務士等への委託料(外国人労働者の就労環境整備措置に要する委託料に限り、顧問料等は含まない) ⑤社内標識類の設置・改修費(外部機関等に委託をする多言語の標識類に限る)

    詳細をみる
  • ■補助率 ・特例子会社を設立する場合:3分の1もしくは2分の1(複数の重度障がい者を雇用するとき、または対象が中小企業の場合は2分の1) ・特定組合等を設立する場合:2分の1 ※補助上限額:500万円

    詳細をみる
  • ■補助額 経費の1/2、上限200万円

    詳細をみる
  • 補助率:10分の10以内 補助金額:上限20万円

    詳細をみる
  • ①ストレスチェックの実 1従業員につき500円を上限に実費を支給 ②ストレスチェックに係る医師による活動 1事業場あたり1回の活動につき21,500円を上限に実費を支給(上限3回)

    詳細をみる
  • 支給対象者1人あたり以下の金額が支給されます。ただし、1年度1事業所あたり500人を限度とします。 ■中小企業事業主【45歳以上の対象者】 ・通常:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/2【2/3】 ・特別区分:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×2/3【4/5】 ■中小企業事業主以外【45歳以上の対象者】 ・通常:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/4【1/3】 ・特例区分:(委託費用-訓練実施に係る費用-グループワーク加算の額)×1/3【2/5】 ■訓練やグループワークの実施を委託した場合 <訓練> 訓練実施に係る費用×2/3を加算(上限30万円) <グループワーク> 3回以上で1万円を加算 ※次のいずれにも該当する場合、特例区分の対象となります。 ア 申請事業主が、労働者の再就職支援の実施について委託する職業紹介事業者との委託契約において次のいずれにも該当する契約を締結していること。 a 職業紹介事業者に支払う委託料について、委託開始時の支払額が委託料の2分の1未満であること。 b 職業紹介事業者が支給対象者に対して訓練を実施した場合に、その経費の全部又は一部を負担するものであること。 c 委託に係る労働者の再就職が実現した場合の条件として、当該労働者が雇用形態が期間の定めのないもの(パートタイムを除く)であり、かつ、再就職先での賃金が離職時の賃金の8割以上である場合委託料について5%以上を多く支払うこと。 イ 支給対象者の再就職先における雇用形態が、期間の定めのない雇用(パートタイム労働者を除く。)であり、かつ、再就職先での賃金が離職時の賃金の8割以上であること。

    詳細をみる
  • ■補助の対象 農業生産拠点の広域化計画策定支援事業に要する以下の経費のうち委託費および役務費 ア 事業計画の策定 イ 事業計画の策定に必要な調査 ウ 事業計画に必要な書類等の作成 ■補助率 上記経費の1/2以内

    詳細をみる
  • ■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1~随時受付(予算がなくなり次第終了)   ■助成率 補助事業者が負担した額の3分の2以内 ※プロフェッショナル人材(※)1人につき300万円を上限とし、申請は1事業者あたり、年度内2人までとなります。

    詳細をみる
  • ■公募期間 終了時期未定   ■補助率 <成長枠> 1/2(※大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ) 補助上限:最大7,000万円 <グリーン成長枠> 中小企業者等:1/2(大規模な賃上げ達成で2/3へ引上げ)
中堅企業等 :1/3 (大規模な賃上げ達成で 1/2へ引上げ)
 補助上限:最大1.5億円 <卒業促進枠> 中小企業者等 :1/2
中堅企業等 :1/3
 補助上限:成長枠・グリーン成長枠の補助金額上限に準じる <大規模賃金引上促進枠> 中小企業者等: 1/2
中堅企業等: 1/3
 補助上限:3,000万円 <産業構造転換枠> 中小企業者等: 2/3
中堅企業等: 1/2
 補助上限:7,000万円(※廃業を伴う場合には、廃業費を最大 2,000 万円上乗せ) <最低賃金枠> 中小企業者等 :3/4
中堅企業等: 2/3
 補助上限:1,500万円 <物価高騰対策・回復再生応援枠> 中小企業者等 :2/3
中堅企業等 :1/2 補助金額
:従業員数5人以下 100万円 ~ 1,000万円
 従業員数6~20人 100万円 ~ 1,500万円
 従業員数21~50人 100万円 ~ 2,000万円
 従業員51人~ 100万円 ~ 3,000万円

    詳細をみる
  • ■補助率 課程ごとに補助の対象欄の経費と基準額欄の基準額を比較していずれか少ない額を選定し、選定された額と総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額を補助額とする(独立行政法人国立病院機構にあっては、3分の2を乗じた額を補助額とする)

    詳細をみる