補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

44 件見つかりました

  • ■公募期間 令和5年1月17日(火)~2月8日(水)   ■補助率 定額補助(10/10)とし、26,060,000千円(うち業務管理費3,027,347円以内)を上限

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023年9月11日〜2023年10月10日   ■補助率 1/3 上限額:5,000万円/件(設備改修に係る補助限度額は2,500万円まで)

    詳細をみる
  • ■公募期間 準備中   ■補助率 <通常枠> 2/3 上限:50万円 ※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <賃金引上げ枠> 2/3 (赤字事業者は 3/4)  
上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <卒業枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <後継者支援枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <創業枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ

    詳細をみる
  • ■助成率 3/4 ■支給限度額 1台 150万円 1台 250万円(1級または2級の両上肢障害)

    詳細をみる
  • ■助成率 3/4 ■支給限度額 1 台 700 万円

    詳細をみる
  • ■支給額 1.施設または設備の設置・整備または更新 [1]障害者職業能力開発訓練事業を行う訓練科目ごとの施設または設備の設置・整備または更新に要した費用に3/4を乗じた額が助成されます。 [2]初めて助成金の対象となる訓練科目ごとの施設または設備の設置・整備の場合は5,000万円を上限とします。 [3]訓練科目ごとの施設または設備の更新の場合については、1,000万円を上限(複数回支給を受ける場合も事業主等ごとの累積の上限となる額)とします。 2.運営費  次の[1]または[2]および[3]により算出した額が助成されます。 [1]重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者および就職が特に困難であるとハローワーク所長が認める障害者(以下「重度障害者等」という。)を対象とする障害者職業能力開発訓練。  【1】1人あたりの運営費に4/5を乗じた額(上限額 月額17万円)に重度障害者等である訓練対象障害者のうち、支給対象期における訓練時間の8割以上を受講した者の人数を乗じた額。  【2】支給対象期における訓練時間の8割以上を受講しなかった者については、1人当たりの運営費に4/5を乗じた額(上限額 月額17万円)に、支給対象期における訓練時間数を分母に、当該者の訓練受講時間数を分子にして得た率を乗じた額。 [2][1]以外の障害者を対象とする障害者職業能力開発訓練  【1】1人あたりの運営費に3/4を乗じた額(上限額 月額16万円)に重度障害者等以外の訓練対象障害者のうち、支給対象期における訓練時間の8割以上を受講した者の人数を乗じた額。  【2】支給対象期における訓練時間の8割以上を受講しなかった者については、1人当たりの運営費に3/4を乗じた額(上限額 月額16万円)に、支給対象期における訓練時間数を分母に、当該者の訓練受講時間数を分子にして得た率を乗じた額。 [3]重度障害者等が就職した場合には、就職者1人当たりに10万円を乗じた額  【1】対象となる就職者   次のア及びイに該当する者  ア 訓練修了日または就職のための中退の日の翌日から起算して90日以内(以下「対象期間内」という。)に雇用保険の被保険者(日雇労働被保険者は除く。)として内定を受けた者もしくは雇用された者または雇用保険適用事業主となった者  イ 障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律における障害福祉サービス(就労継続支援事業A型等)の利用者として雇用される者でないこと

    詳細をみる
  • 以下の取組の実施に要した費用が支給対象となります。 ※詳細は支給要領0303の記載内容を確認してください。 ①就業規則・労働協約・労使協定の作成・変更 ②外部専門家によるコンサルティング ③テレワーク用通信機器等の導入・運用 ④労務管理担当者に対する研修 ⑤労働者に対する研修

    詳細をみる
  • ①被災三県に所在する作業員宿舎、作業員施設、賃貸住宅を賃借した中小建設事業主 ②自ら施工管理する建設工事現場に女性専用作業員施設を賃借した中小元方建設事業主 ③認定訓練の実施に必要な施設や設備の設置又は整備を行った広域的職業訓練を実施する職業訓練法人 に対して助成します。 【助成金額】 ①の場合:支給対象経費の2/3 ②の場合:支給対象経費の3/5<3/4> ③の場合:支給対象経費の1/2 (注)<>賃金要件が認められる場合の額

    詳細をみる
  • 【助成金額】 (中小建設事業主団体) 支給対象経費の2/3 (中小建設事業主団体以外の建設事業主団体) 支給対象経費の1/2

    詳細をみる
  • 受給するためには、介護事業主が、次の措置を実施することが必要です。 【目標達成助成】      (1) 導入・運用計画の認定 介護労働者の労働環境向上のための介護福祉機器の導入・運用計画を作成し、管轄の労働局長の認定を受けること。 (2)介護福祉機器の導入等 (1)の導入を実施し、適切な運用を行うこと。 (3)(1)、(2)の実施の結果、導入・運用計画期間の終了から1年経過するまでの期間の離職率を、導入・運用計画を提出する前1年間の離職率よりも、下表に掲げる目標値(※)以上に低下させること(ただし、離職率は30%を上限とします。)。     ※低下させる離職率の目標値は対象事業所における雇用保険一般被保険者数に応じて変わります。

    詳細をみる
  • 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用(新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内(既設工場での設備投資は5%以内) ・研究所は、新増設 : 20%以内(既設 : 10%以内) ・300億円超の投資案件の場合は、300億円を超える金額の5%を10億円に追加 【上限】 100億円(投資額300億円以下の場合 : 10億円)

    詳細をみる
  • ■公募期間 令和5年4月1日 から随時受付 ■助成率 一般枠:対象経費の合計額の15%以内の額(上限額:400万円) 特別枠:対象経費の合計額の25%以内の額(上限額:600万円)

    詳細をみる
  • **Aタイプ・Bタイプ** 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用 (新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内  【上限】 10億円 **Cタイプ** 【対象経費】 オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費、IT 技術者への雇用加算 【補助率】 ・オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費 1/2以内 ・IT 技術者への雇用加算 50万円/人 【対象期間】 最大3年間(オフィス移転・改修費、雇用加算は初年度のみ) 【上限】 初年度:1,000万円 2,3年目:350万円

    詳細をみる
  • 1.加工食品等の輸出拡大に向け、輸出先国等の求める基準・条件等の規制に対応するため、製造・加工、流通等の施設の新設(かかり増し経費)及び改修、機器の整備に係る経費を支援します。  ① 輸出先国等の政府機関が定める、HACCP等の要件に適合する施設の認定取得に必要な施設・設備  ② ISO、FSSC、JFS-C、有機JAS等の認証取得に必要な施設・設備  ③ 検疫や添加物等の規制に対応した製品の製造に必要な施設・設備  2.施設整備と一体的に行い、その効果を高めるために必要なコンサルティング費用等の経費(効果促進事業)を支援します。

    詳細をみる
  • **①EVトラック・バス、HVトラックバス導入支援事業** EVトラック・バスや、一定の燃費性能を満たすHVトラック・バスの購入に対して、標準的な車両との差額分を支援するとともに、セットで充電インフラ整備への補助を行う。 **②天然ガストラック導入支援事業** 将来カーボンニュートラルな燃料への代替が期待される長距離配送用天然ガストラックに対して、標準的な車両との差額分を支援する。 **③EVトラック・バスにおける性能評価実証事業** ユースケース分析結果を踏まえ、EVトラックおよびバスにおける性能評価実証事業を実施、電動車両市場拡大を図る。 補助対象の充電設備:事業者の敷地等に設置された、普通・急速充電設備 補助額:標準的燃費水準車両との差額の2分の1(HV・PHV・NGV)または3分の2(EV)     電気自動車用充電設備の導入費用の2分の1 ■申請受付期間 令和5年6月20日(火)~ 令和6年1月31日(水)

    詳細をみる
  • 本補助事業における主なポイントは以下の通りです。 ・補助事業(補助率 2/3)として実施する。 ・間接経費の上限を30%とする。 ・補助事業により取得した財産は補助事業者に帰属する。 ・共同体に必須となる医療機器製造販売業は補助期間中の業許可取得でも可とするが、市場置き換えを狙うクラスⅢ、Ⅳの医療機器を開発する場合は、初年度目の中間評価(令和5年12月頃)までに代表機関が取得すること。市場置き換えを狙うクラスⅡの医療機器を開発する場合は、2年度目の中間評価(令和6年12月頃)までに取得すること。また、提案書にその計画を記載すること。 ・応募時に製品開発ステージにあり、事業終了時には「許認可申請の目処」がついていること。具体的には、治験が必要な製品開発では、事業終了時に少なくとも(国際共同治験を含む)治験届がPMDAに受理されていること。治験が不要な製品開発では、事業終了時に少なくともPMDAと合意した非臨床試験が充足していること。認証品の製品開発では、事業終了時に認証機関と申請内容についての合意ができ、認証の準備が完了していること。 ■公募期間 令和4年12月26日(月) ~ 令和5年1月26日(木) 正午【厳守】 ※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。

    詳細をみる
  • * 補助率:2分の1 * 補助限度額:1,125万円(1平方メートル当たり15万円まで)

    詳細をみる
  • 【認定を受けた企業に対する支援】 「長崎県情報産業連携体組成促進補助金」制度により支援します。 ・対象事業:認定された「長崎県情報産業連携体組成事業計画」に基づき実施する事業 ・対象経費:認定された事業に要する経費(労務費、物品費、外注費、その他経費) ・補助率:2分の1または3分の2 ・補助限度額:500万円または1,000万円

    詳細をみる
  • 補助率及び補助限度額は、下図のとおりとします。 ![](https://jirei-seido-cdn.mirasapo-plus.go.jp/images/9e39a8b9-a42c-4c49-af64-08d643831b2f) ※ 別途、経費区分ごとに上限額があります。詳細は下記のリンクから交付要綱及び募集要項をご覧ください。 * [みどりいっぱいの園庭・校庭促進事業](https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/shibafu/index.html)

    詳細をみる
  • ・補助対象の安全装置1機当たり、金額の1/2を補助します。 ・申請する建設機械の種類によって、上限額が異なります。 ・同一申請者からの申請上限は年度内500万円です。 ■積載形トラッククレーンの場合 補助額の上限は、安全装置1機当たり100万円です。 ■油圧ショベル、ホイールローダーの場合 ①安全装置が自動減速・停止機能を伴うもの 補助額の上限は、安全装置1機当たり100万円です。 ②安全装置が監視・警告機能を伴うもの(複数カメラ) 補助額の上限は、安全装置1機当たり50万円です。

    詳細をみる