補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

11 件見つかりました

  • ■公募期間 令和5年1月17日(火)~2月8日(水)   ■補助率 定額補助(10/10)とし、26,060,000千円(うち業務管理費3,027,347円以内)を上限

    詳細をみる
  • ■公募期間 準備中   ■補助率 <通常枠> 2/3 上限:50万円 ※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <賃金引上げ枠> 2/3 (赤字事業者は 3/4)  
上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <卒業枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <後継者支援枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ <創業枠> 2/3 上限:200万円 
※インボイス特例の要件を満たしている場合は補助上限額に50万円を上乗せ

    詳細をみる
  • 本補助事業における主なポイントは以下の通りです。 ・補助事業(補助率 2/3)として実施する。 ・間接経費の上限を30%とする。 ・補助事業により取得した財産は補助事業者に帰属する。 ・共同体に必須となる医療機器製造販売業は補助期間中の業許可取得でも可とするが、市場置き換えを狙うクラスⅢ、Ⅳの医療機器を開発する場合は、初年度目の中間評価(令和5年12月頃)までに代表機関が取得すること。市場置き換えを狙うクラスⅡの医療機器を開発する場合は、2年度目の中間評価(令和6年12月頃)までに取得すること。また、提案書にその計画を記載すること。 ・応募時に製品開発ステージにあり、事業終了時には「許認可申請の目処」がついていること。具体的には、治験が必要な製品開発では、事業終了時に少なくとも(国際共同治験を含む)治験届がPMDAに受理されていること。治験が不要な製品開発では、事業終了時に少なくともPMDAと合意した非臨床試験が充足していること。認証品の製品開発では、事業終了時に認証機関と申請内容についての合意ができ、認証の準備が完了していること。 ■公募期間 令和4年12月26日(月) ~ 令和5年1月26日(木) 正午【厳守】 ※締め切りに間に合わず不受理となるケースが発生していますので、余裕を持った対応をお願いします。特にe-Radの新規利用者は、研究機関/研究者の新規登録手続も必要であり、これらに要する日数も考慮の上、早めの対応をお願いします。

    詳細をみる
  • 【認定を受けた企業に対する支援】 「長崎県情報産業連携体組成促進補助金」制度により支援します。 ・対象事業:認定された「長崎県情報産業連携体組成事業計画」に基づき実施する事業 ・対象経費:認定された事業に要する経費(労務費、物品費、外注費、その他経費) ・補助率:2分の1または3分の2 ・補助限度額:500万円または1,000万円

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1〜   ■補助率 補助対象経費の全額(最大10万円) ■補助期間 最短5日(4泊5日)から最長1ヶ月(30泊31日)

    詳細をみる
  • ■公募期間 準備中 ■補助率 <通常枠> 中小企業:2分の1、小規模・再生事業者:3分の2 補助上限額:
最大750~1,250万円 <回復型賃上げ・雇用拡大枠> 3分の2(上限750~1,250万円) 補助金額:
従業員数5人以下 :100万円~750万円
 6人~20人:100万円~1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円 <グリーン枠> 3分の2(補助上限額:750~4,000万円) 補助金額(エントリー類型の場合):
従業員5人以下:100~750万円
 6~20人:100~1,000万円
 21人以上:100~1,250万円 <グローバル市場開拓枠> 
中小企業2分の1、小規模事業者3分の2(補助上限額:3,000万円) <デジタル枠> 3分の2(最大補助額1,250万円) 補助金額 
従業員数5人以下 :100万円~750万円 
6人~20人:100万円〜1,000万円
 21人以上 :100万円~1,250万円

    詳細をみる
  • ■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額とを比較していずれか少ない額と、総事業費から当該事業に係る寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(算出された額に1,000円未満の端数が生じた場合はこれを切り 捨てた額) ■補助上限額
 1病院当たり600万円

    詳細をみる
  • ■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額を比較していずれか少ない額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較していずれか少ない額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額
 受講者1人当たり98千円

    詳細をみる
  • ■補助率 郡市医師会が行う事業に要する経費と当該年度の4月15日現在の生徒数に45,000円を乗じて得た額とを比較していずれか少ない額の3分の1の範囲内で、かつ、市が補助するのに要する経費の2分の1以内

    詳細をみる
  • 詳細をみる
  • ■補助率 補助対象経費の実支出額と補助基準額とを比較して少ない方の額と、総事業費から寄附金その他の収入額を控除した額とを比較して少ない方の額に2分の1を乗じて得た額(1,000円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てた額)以内 ■補助上限額 1.基幹研修病院研修事業:研修1回当たり168,000円 (同一の病院に対して10回を限度とする。) 2.シミュレーションスペシャリスト育成事業:1病院当たり 150,000円 3.病院体験事業:1病院当たり 400,000円

    詳細をみる