補助金・助成金・給付金を探す

「地域」と分野を絞った「補助金」のピックアップが可能です。様々なご興味のある分野と地域を選択して、あなたに合った補助金を選びましょう。

検索結果

28 件見つかりました

  • ①被災三県に所在する作業員宿舎、作業員施設、賃貸住宅を賃借した中小建設事業主 ②自ら施工管理する建設工事現場に女性専用作業員施設を賃借した中小元方建設事業主 ③認定訓練の実施に必要な施設や設備の設置又は整備を行った広域的職業訓練を実施する職業訓練法人 に対して助成します。 【助成金額】 ①の場合:支給対象経費の2/3 ②の場合:支給対象経費の3/5<3/4> ③の場合:支給対象経費の1/2 (注)<>賃金要件が認められる場合の額

    詳細をみる
  • 《投資に対する助成》 ・1回目:投下固定資産額の10% ※投下固定資産額が10億円を超える部分に対する助成率は5%となります。 ・2回目以降:投下固定資産額の5% ※既に助成金の交付を受けている事業所内で、同じ事業を行う工場を増設する場合は、2回目以降の助成率が適用されます。ただし、新たに異分野の事業を行う工場、エネルギー関連産業の工場、サプライチェーン対策に資する工場については、1回目の助成率が適用されます。 ※1 助成対象となる投下固定資産は、工事着手後であって、業務開始の日前3年以後に取得したものになります。(県有地については、設置に係る工事着手の日前3年以後に取得したものになります。) ※2 助成対象となる投下固定資産には、工場等と同一敷地内の「福利厚生施設」、「託児施設」を含みます。 《雇用に対する助成》 ・11人目以降の新規常用雇用者数×50万円 ・51人目以降の新規常用雇用者数×100万円

    詳細をみる
  • ■補助対象となる業種 (ア)ソフトウェア業、情報処理サービス業、情報提供サービス業の事業所、ソリューションセンター (イ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する研究開発施設 (ウ)サプライチェーン対策事業を行う製造業の工場   ・海外生産から県内工場での生産に切替え   ・輸入していた部品等を県内生産に切替え   ・海外から調達を国内に切替える他企業からの依頼により県内で生産 (エ)バイオテクノロジー、ナノテクノロジーまたはVR技術を利用する事業、航空宇宙産業(民需に限る)、新エネルギー関連産業、食料品関連産業、医薬品関連産業、医療・福祉機器関連産業及び知事が特に認めるものの製品製造を行う工場 (オ)製造業(上記の業種を除く)の工場 (カ)上記(オ)のうち、中小企業の場合  ※ 中小企業基本法第二条に規定されている中小企業者をいいます。 (キ)植物工場の設置  ※植物の生育環境(光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分、水分等)を制御して栽培を行う施設園芸のうち、環境及び生育のモニタリングを基礎として、高度な環境制御を行うことにより、野菜等の植物の周年・計画生産が可能な栽培施設をいいます。 (ク)半導体関連産業の工場 (ケ)データセンターの設置 (コ)物流施設 ■補助対象要件 企業の事業所設置に当たり、次の要件をすべて満たすことが必要です。 (1)初期投下固定資産額(土地・建物・償却資産) 5千万円以上(ア) 1億円以上(イ) 3億円以上(ウ、エ、ク、ケ、オとカは過疎地域及び県営工業団地の場合に限る) 5億円以上(カ) 10億円以上(オ、キ、コ) (2)新規地元常用雇用者(正社員で県内に住所を有する者、又は事業所新設に伴い県外から転入する者) 5人以上(ア、イ、ケ、ウとエとカとクは県内に同じ対象施設がある場合に限る) 10人以上(ウ、エ、オ、カ、キ、ク、コ) (3)建物着工90日前に指定申請書を提出していること   (4)事業所を設置する市町村の優遇策の適用を受けていること (5)岐阜県から他の補助金など税財政優遇策の適用を受けていないこと (6)岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業の登録を受けていること (7)同一敷地内で本補助金の交付を受けていないこと

    詳細をみる
  • ■補助率 初期投下固定資産取得費(土地・建物・償却資産)の10分の1以内等 ■補助対象施設 ①調査及び企画部門、情報処理部門、研究開発部門、国際事業部門、情報サービス事業部門、その他管理業務部門の事務所②研究所又は研修所

    詳細をみる
  • 補助率:初期投下固定資産額の10分の1以内 補助金上限額:10億円 ※大規模工場とは、工場の敷地面積が5ha以上かつ延床面積4ha以上の工場をいいます。 ※補助金額が1億円を超えた場合、複数年度に分割して交付します。

    詳細をみる
  • **Aタイプ・Bタイプ** 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用 (新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内  【上限】 10億円 **Cタイプ** 【対象経費】 オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費、IT 技術者への雇用加算 【補助率】 ・オフィス賃借料、機器リース料、通信回線料、オフィス移転・改修費 1/2以内 ・IT 技術者への雇用加算 50万円/人 【対象期間】 最大3年間(オフィス移転・改修費、雇用加算は初年度のみ) 【上限】 初年度:1,000万円 2,3年目:350万円

    詳細をみる
  • 【対象経費】 土地を除く固定資産取得費用(新増設に係る工場建設費、機械装置費等) 【補助率】 10%以内(既設工場での設備投資は5%以内) ・研究所は、新増設 : 20%以内(既設 : 10%以内) ・300億円超の投資案件の場合は、300億円を超える金額の5%を10億円に追加 【上限】 100億円(投資額300億円以下の場合 : 10億円)

    詳細をみる
  • ■助成率 1/3 ※支給限度額 ・対象障害者につき1人 225 万円 ・短時間労働者(重度身体障害者、重度知的障害者または精神障害者を除く。)である場合の限度額は1人につき上記の半額 ・同一事業所または同一事業主の団体につき同一年度当たり 2,250 万円を限度とする

    詳細をみる
  • この助成金は、作業施設等の設置または整備の方法により次の2種類の助成金があります。 第1種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を建築等や購入により行う場合の助成金 第2種作業施設設置等助成金:作業施設等の設置・整備を賃借により行う場合の助成金 ■助成率 第1種:3分の2 ※支給限度額 ・支給対象障害者1人につき 450 万円 ・作業設備については支給対象障害者1人につき 150 万円 中途障害者に係る職場復帰のための設備の設置または整備にあっては、450 万円を超えない範囲で機構が定める額 ・短時間労働者(重度身体障害者、重度知的障害者または精神障害者を除く。)である場合の限度額は1人につき上記の半額 ・同一事業所あたり同一年度について 4,500 万円を限度とする ○第2種:3分の2 ※支給限度額 ・支給対象障害者1人につき月 13 万円 ・作業設備については支給対象障害者1人につき月5万円 (中途障害者に係る職場復帰のための設備の賃借による設置にあっては、13 万円を超えない範囲で機構が定める額) ・短時間労働者(重度身体障害者、重度知的障害者または精神障害者を除く。)である場合の限度額は1人につき上記の半額

    詳細をみる
  • ■補助率 補助対象経費の3分の2以内

    詳細をみる
  • ■補助金額 投資額の3%(大企業)、6%(中小企業)、上限5億円

    詳細をみる
  • ■受給額 ①中小企業事業主の場合は、1回目の支給において下記の支給額の1.5倍が支給されます。 ②中小企業事業主の場合であって、かつ創業と認められる場合は、1回目の支給において下記の支給額の2倍が支給されます。 〇設置・整備費用が300万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:50万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:80万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:150万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:300万円 〇設置・整備費用が1,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:60万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:100万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:200万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:400万円 〇設置・整備費用が3,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:90万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:150万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:300万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:600万円 〇設置・整備費用が5,000万円以上の場合 ・対象労働者の増加人数が3~4人:120万円 ・対象労働者の増加人数が5~9人:200万円 ・対象労働者の増加人数が10~19人:400万円 ・対象労働者の増加人数が20人~:800万円

    詳細をみる
  • ■助成率 喫煙室の設置などに係る経費のうち、工費、設備費、備品費、機械装置費などの 3分の2(主たる業種の産業分類が飲食店以外は2分の1) ■助成額 上限100万円

    詳細をみる
  • ■補助期間 6か月間(操業開始時点から起算) ■補助金額 賃料(消費税、敷金、礼金は除く)月額の3分の1、上限600万円

    詳細をみる
  • ■補助率 建物:不動産取得税課税標準額の4% ※国のグリーン成長戦略の14分野のうち、カーボンニュートラルの実現に資する投資を行う企業は、不動産取得税課税標準額の5% 生産設備:土地、建物、生産設備に係る投下固定資産額(*7)の合計額のうち30億円を超えた額に係る生産設備相当分の5% 大規模生産設備投資:生産設備に係る投下固定資産額(*7)の合計額が30億円を超えた場合にその超えた額の5% 【フードバレー特認】食品関連企業の場合、生産設備に係る投下固定資産額の5%(下限額なし) ■補助上限額 30億円(大規模生産設備投資の場合は1億円)

    詳細をみる
  • ■補助率 <サプライチェーン分散> 生産拠点の集中度が高い製品・部素材の供給途絶リスク解消のための生産拠点整備事業 大企業:1/4、中小企業:1/6、中小企業グループ:1/8 <医療機器等生産> 一時的な需要増によって需給がひっ迫するおそれのある製品・部素材のうち、国民が健康な生活を営む上で重要なものの生産拠点等の整備事業 大企業:1/6、中小企業:1/8 ■補助上限額 2億円

    詳細をみる
  • ■補助率 土地:不動産取得税課税標準額の3% 建物:不動産取得税課税標準額の4% 発電等設備:土地、建物、発電等設備に係る投下固定資産額の合計額のうち30億円を超えた額に係る発電等設備相当分の5%(ただし、別に国庫補助の適用がある場合には当該国庫補助額を補助額より控除) ■補助上限額 5億円

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/12/26(火)まで ■補助率 地域材を使用した民間施設の木造化・木質化に直接必要な経費(主に木工事)の2分の1以内 ■補助金上限 1,000万円/施設

    詳細をみる
  • ■公募期間 2023/4/1〜2024/3/31   ■補助率 【用地取得費】 ふじのくにフロンティア区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:40% 上限4億円 ・製造業(その他)、物流施設:30% 上限3億円 通常区域 ・製造業(食品、医薬品、医療機器、環境関連の製造業等)、研究所等:30% 上限3億円 ・製造業(その他)、物流施設:20% 上限2億円 【新規雇用従業員】 最大100万円/人

    詳細をみる
  • ■補助率 建物建設費、機械設備購入費に対して原則7%、最大7億円助成 成長分野は10%以内、最大10億円

    詳細をみる